このエントリーをはてなブックマークに追加  

げっぷの原因を探る為に

O・Yさん(男性・31歳)

私は、三十一歳の男性です。

 

現在は、都内にある小さな会社でサラリーマンをしています。

 

私が逆流性食道炎と診断されたのは、今から一年前のこと。Y病院という大きめの病院で、内視鏡検査を受けた時のことでした。

 

その頃の私は、日に何度も出てしまう「げっぷ」に悩まされていました。

 

「何でこんなにげっぷが出るんだろう?」

 

とは思いましたが、最初の方はさほど気にしてませんでした。

 

まさか、逆流性食道炎の様な病気があるとは思いませんでしたし、
そもそも、げっぷ程度のことで病院に行くなんておかしい、
と思っていたのです。

 

しかし、げっぷが一時間に四、五回も出る様になると、
段々と「自分の胃の中で、何か良からぬことが起こっている」
ということに気づく様になりました。

 

わりと初期の段階で、ただごとではないことに
(何となくでしたが)気づくことができていたのです。

 

そして一年前の私、O・Yは、どうにかげっぷを止めなければと思い、
都内の病院へ駆け込みました。


逆流性食道炎の体験記【O・Yさん編】記事一覧

私は病院で内視鏡検査を受け、胃カメラで撮った写真を見せて貰いました。胃も食道も赤く腫れていたのですが、その時はまだ、「薬を飲めば治るだろう」と考えていました。しかし、医者から言われることの内容は、私にとって難しいことばかり。「食事は時間を掛けて食べる様に」と言われた時は「まぁそれは仕方ないか」と感じ...

もちろん、私の症状は良くなるばかりか、悪化していきました。ステーキを食べた翌日などは、げっぷが止まらなくなり、仕事中にトイレに駆け込む回数は増えていきました。三十分に一回のペースで、げっぷが出る様になってしまっていたのです。私はそれでも、食生活を変えようとは考えませんでした。「お金と時間を使って病院...

「消化に悪いと思われるものはすべて止めるべきです。そうしないと、人前でもずっとげっぷが出続けてしまいます」私はげっぷに本格的に悩まされていたので、その言葉に胸を突かれました。「手術することで改善できないんですか?」「できますが、食生活を改善しないのであれば、何の意味もありません」「でも、お酒も我慢で...

それでもまだ悩んでる私に対し、医師は「がんになってもいいんですか?」と言ってきました。今から思えば、この「がん」という言葉の重みが、私に逆流性食道炎と向き合う意欲をもたらしてくれたのかもしれません…。私はその言葉にビックリして、このようなことを言いました。「逆流性食道炎は、放っておくとがんになるんで...

それまでの私は、我慢しなければならないことも、全く我慢できずにいました。飲みたい時に飲み、毎日の様に飲み歩く。仕事帰りには生中、焼き鳥。ビールは最低三杯は呑み、野菜は全く摂らない。食べたら眠いから、すぐに寝る。そんな生活が楽しくて堪らなかったのですが、何も考えずに楽しんだ分のツケは、「逆流性食道炎」...

炭酸飲料とお酒を断ってからは、げっぷや胸焼けの症状は多少、改善されました。しかし、げっぷは依然として多いままでした。「肉もお酒もほとんど食べない様になったのに、何がいけないんだ?」と、頭を抱える様になったのですが、悩んでも悩んでも何が悪いか分からかったので、以前、逆流性食道炎の治療にあたってのアドバ...

げっぷがなくなっただけでも助かりましたが、胸焼けの症状はまだ酷いままでした。食後は、食道が焼ける様に痛くなってしまっていましたし、この痛みはどんどん強くなってしまってました。時には、「中がただれているのでは?」と感じたこともありましたし、耐えきれない程の熱さに身をよじらせたことも少なくなかったのです...

逆流性食道炎と診断されてからは、お酒や炭酸飲料を控える様になり、代わりに白湯を飲むことが多くなりました。さらに、夜食なども控える様になったので、胃もたれも随分しなくなりました。夜食を控えると共に、最近ではなるべく空腹の状態で寝ることを心がけているので、胃液が大量に分泌されることもほとんどありません。...

逆流性食道炎は、四十代の男性のおよそ【四分の一】が掛かっていると言われる症状です。逆流性食道炎は知名度が低いので、「自分はそんな病気に掛からないし、そんな病気知らない」と思われがちかもしれませんが、安心しきってる人ほど病気になりやすいので、気をつけて欲しいと思います。私は運良く、早めに治療にあたるこ...



逆流性食道炎の経験があるO・Yさん(男性・31歳)がどういった症状が現れて、その後どのように治療していったのか、その体験談を公開しています。