このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎の治療記事一覧

基本的に逆流性食道炎の治療は、まず問診と胃カメラによって症状を正確に確認する所から始まります。その炎症の程度・胃酸分泌量に応じて、服用する薬を医師が処方するのです。そして、まずは処方された薬を飲み、症状の改善を図ります。また、同時に生活環境の改善行い、医師・栄養士から、逆流性食道炎について色々と教え...

逆流性食道炎と診断されても、ほとんどの場合は薬による服用で治療を行い、すぐに手術を行う・・・という事はありません。手術が必要・手術適応となるのは、薬を一定期間服用しても、逆流性食道炎の症状が改善しない場合のみです。この状態を、【難治性逆流性食道炎】と呼びます。逆流性食道炎の手術を希望したとして、どの...

逆流性食道炎では、PPIと呼ばれる、プロトンポンプ阻害剤。そして、ヒスタミン受容体拮抗剤と呼ばれる、H2ブロッカー。この2種類が、代表的な治療薬として使用されます。人間の胃の内部には、胃酸を分泌するための組織、【プロトンポンプ】が存在します。PPI、プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し...

治療期間に関しては、かなり個人差があり、逆流性食道炎の程度にもよって異なってくるため、明確にお答えする事は出来ません。ですが、一般的には治療を開始してから、8週間を目安として、逆流性食道炎の症状が改善される確率が高いと言われています。逆流性食道炎になると、プロトンポンプ阻害剤という薬を服用する事があ...

逆流性食道炎では、食道への炎症が本当に軽傷で、その他の症状が稀にしか起こらない場合、症状が出た時だけ対処治療として、薬を服用を行う治療があります。しかし、食道がただれてしまい、びらんや潰瘍が出来てしまっている方は、逆流性食道炎特有の症状が無くなった後も、びらんや潰瘍な完治するまで、長期的に薬を飲み続...



逆流性食道炎の治療に関して役立つ情報をまとめてご紹介しています。